料理酒と清酒の違いは?最も料理に向いているお酒はコレ!!

この記事は2分で読めます

この記事は320秒で読めます!

料理酒って飲んでも美味しくない。

こんにちは~!
お料理大好きおちょこ丸です((*´∀`))

突然ですが、料理酒、
そのまま舐めたことありますか?

こないだちょっと試してみたんですけどね、
やっぱり直接飲むもんじゃないです(´A`。)

普通のお酒(清酒)は美味しいのに。

一体何が違うんだ?
気になるぞ…。


スポンサードリンク



といことで今回は、

「料理酒と清酒の成分の違い」

について書いてみようかと思います!

料理好きなあなたは必読ですよ~。
美味しくなぁれヽ(*´∀`)ノ


成分の違いは食塩だった!



そうなんです!
添加されているのは、なんと「食塩」

お酒に2~3%の塩分を加えて、
「飲用不可」にしたものが料理酒なのですヽ(゚Д゚*)ノ

2~3%って言われてもピンとこないですか?
身近なもので言うと、海水に近い塩分濃度です。

なので、結構塩分摂っちゃうんですよね。
気を付けないといけませんヽ(´・д・`)ノ

で、何故こんなことをするのかと言うと、
こうするとで、酒税がかからなくなるんです。

また酒類販売免許のないお店でも売れますし、
税金がかからない分、値段もお安くなります。

料理酒が清酒より安いのには
こういう理由があったからなんですね~。

他にも、アルコールや調味料を添加したものもあります。
醸造調味料やみりん風調味料などですね!

そりゃ飲んでも美味しくないわけだ(-∀-`; )


最も料理に料理に向いているお酒は?



実はもっと料理に適したお酒があるんです!
その名も、「料理清酒」

ん?どこがちゃうねん。
って思ったかもしれませんねぇ(●´艸`)

実は、この料理清酒には
塩分が添加されていません!

じゃー清酒やないかいっ(ノ`Д´)ノ≡3

と思ったあなた、お待ちください。
ちゃんと清酒との違いはあります。

それは、「アミノ酸」でございます。
料理清酒にはこのアミノ酸が、多く含まれているんですね!

ちなみにアミノ酸は”旨み成分”です。

なので、アミノ酸が多いということは、
その分料理が美味しくなるということなんです(`・ω・´)ノ


スポンサードリンク



料理清酒の素晴らしい効果!



さて、料理清酒にはこんな
素晴らしい効果もあります((*´∀`))


・ 食材の旨みを閉じ込めてくれる

塩分を添加していると、浸透圧の関係で、
旨み成分が溶け出してしまうんですね~Σ(っ゚Д゚;)っ

その点、料理清酒はしっかり旨みを閉じ込めます!

・ 減塩効果がある

塩分入ってないんですから、
その分減塩効果が期待できますよね♪

・ 食材の臭いを消してくれる

アルコールが揮発する時に一緒に臭いも
持っていってくれちゃいます(●´▽`)

・ 食材を柔らかくしてくれる

お肉に加えると柔らかくて美味しくなりますよ。

・ 味がよくしみ込むようになる

アルコールの分子は小さいので、素早く食材に浸透します。
この関係で甘みや旨みも一緒にしみ込みます♪


ざっくり書いただけでも、
こんなにたくさんのメリットがあるんです!

値段は多少上がりますが、味にこだわるなら、
ぜひお試しくださいませ(σ^▽^)σ



ということで、

「料理酒と清酒の成分の違い」

についての記事でした!

身近なことでも知らないことって
結構たくさんありますよね。

料理酒は飲んじゃダメなんです。
不可飲処置してあるんだから。

まぁ、勉強になったので良しとしますか(●´Д`●)

それでは、今回はこのへんで。
ご訪問、ありがとうございました♪

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ゴーヤ 栄養 夏バテ
  2. キャベツダイエット 効果
コメントは利用できません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。