あじさいの育て方!プランターや鉢植えでも大丈夫!

この記事は2分で読めます

この記事は351秒で読めます!

こんにちは~♪


どうも、最近あじさいを調べているおちょこ丸です(*・∀-)☆


最近は梅雨時期を楽しく過ごしてもらうために、

癒しのあじさいについて記事を書いてきました。


そして今回は、あじさいの育て方でございます!


”しとしと雨が降っている。

ふと目をやったベランダにはきれいなあじさいが…”


と、ちょっと男はつらいよの寅さん風に

書いてみましたが伝わりますかね、これ(´Д`。)


まぁそれはおいといて、

とにかく鉢植えプランター栽培

あじさいを育ててみましょうってことです(ノ `・∀・)ノ゙



あじさいは結構タフなので、

初心者にもおすすめみたいですよ♪


出来るだけ簡単にまとめてみました!


では、ベランダあじさいに向けてレッツゴー♪

スポンサードリンク


鉢植え・プランター栽培でのあじさいの育て方♪


・鉢、プランターについて・

鉢とプランターで育て方がどう違うのかと言うと、

それほど大きな違いはないようです。


ただ、少し大きめの鉢が良いとの意見がありました。


あじさいの根っこは、

縦よりも横に伸びる性質を持っているからだそうです(`・ω・´)ノ


なので、あじさいがのびのび出来るような

大きめのものを選んであげましょう♪


・土について・

土は非常に重要です!!

あじさいは土壌の性質によって色が決まります。


酸性なら青色が強く、

アルカリ性なら赤色が強くなるようです。


この性質は基本なので覚えておきましょう♪


とはいえ、そんなに神経質に考えなくても良いようです。

庭木が育つ土なら問題ないかと。


しいていえば、

赤球と鹿沼土を半々で混ぜたものを7

残り3を腐葉土としてブレンドした土が良いそうです。


花が咲く確立が高いとの情報がありました(●´▽`)


・水やりについて・

あじさいはとても水を好む植物です。

なので、土が少し乾いたら株元にたっぷりあげましょう。


夏場は朝と晩の2回、

冬は様子を見ながら2日に1度程度。


水受けがある場合は、

必ず水を捨ててくださいねヽ(´・д・`)ノ



スポンサードリンク




・肥料について・

花が咲き終わった後、11月頃、3月頃の

年3回はあげるようにしてください!


油粕や牛糞などのたい肥がよいようですね。

これらを5:5にブレンドすればオーケーです♪


手軽に済ませたい場合はこんなのもありますよ(((*´ε` *)

あじさいの色別の肥料ですね~。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

JOYアグリス 青アジサイの肥料(500g)【JOY AGRIS】
価格:425円(税込、送料別) (2018/6/14時点)



・置き場所や日当たりについて・

あじさいは日陰を好むと言われています!


根付くまでは、日陰。


根付いた後の夏場は半日陰、

冬は太陽の下に置いてあげると良いでしょう。

(寒さが厳しい場合は玄関などの明るい室内)


開花中は出来るだけ直射日光は避けるようにしてくだい。

お花が日に焼けてしまいますので!


・剪定について・

咲き終わったら早めに切り戻しをしましょう。

花から2節くらい下がポイントです(´・∀・)ノ゚


あじさいは今年の花の下の部分に翌年の

花芽をつけることが多いよので、

出来るだけ早めに切ることが大切なのです!


9月中旬以降だと深く切り過ぎてしまうケースがあり、

そうなると、最悪その年は花が咲かないこともありますヾ( ̄0 ̄; )ノ


この点は、十分に注意してくださいね!



ちょっと長くなってしまいましたが、

大体こんなところでしょうか(´ー`A;)



最初にも書きましたが、

あじさいは結構タフなので安心してください♪


きっとキレイな花が咲きますから(*・∀-)☆



ということで、

鉢植え・プランターでのあじさいの育て方

についての記事でした♪


花のある生活は素敵ですね((*´∀`))


それでは、今回はこのへんで。

ご訪問ありがとうございました☆

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。