目玉焼きをレンジであたためても爆発しない方法はこれ!!

この記事は2分で読めます

この記事は34秒で読めます!

目玉焼きをあたためたら爆発しました∑(゚Д゚)

こんにちは!
目玉焼き大好きおちょこ丸です♪

いやね、僕のことじゃないんですけど、
ネット見てたらそんな記事があったんですよ。

ちょっとボンッ!って言うくらいなら
経験ありますけどね、爆発って…(´A`。)

爆発しないで目玉焼き上手に
作る方法ってないんでしょうかね?


スポンサードリンク



ということで今回は、

「目玉焼きをレンジで作る方法」

について調べてみました♪

まずは爆発する原理を知りましょう(ノ*・ω・)ノ*


何故卵は爆発するのか?



こういうの、爆発卵って言うんですね。
そのまんまですけど、恐ろしいヾ(´Д`;●)

で、爆発する理由はこんなのでした。


① レンジの加熱により黄身の水分が沸騰

② 黄身は高圧になり、沸点も上がる

③ 黄身が熱膨張を起こし、殻の外へ出る

④ 外気に触れることで、減圧し沸点が急激に下がる

⑤ 黄身の水分が蒸発気化し、爆発する


ざっくり書いてしまうとこんな感じです!
要するに「水蒸気爆発」と言うやつです。

でも、この原理を理解していれば、
何とか目玉焼きを作れそうですね(ノ `・∀・)ノ゙

ちなみに、銀杏や栗、たらこ、イカ、ソーセージ
などの”薄い皮に包まれた食品”
同じように爆発する危険があるそうです!

あたためる際にはご注意をヽ(´□`。)ノ


スポンサードリンク



レンジで目玉焼きを作る方法!



簡単な方法を見つけましたよ~!

でも絶対に爆発しないというわけではありませんヾ( ̄0 ̄; )ノ
あたため過ぎたらやっぱし爆発卵です!

ポイントは、「水と少しづつ加熱」です!


① 耐熱容器の内側を水でしっかり濡らす

ここが失敗しないコツです!
忘れないようにしてくださいね。

② ラップをかけレンジで20秒加熱する

500Wで20秒目安です。
600Wの場合は15秒くらいです!

③ 一度取り出して、卵を滑らせる

④ さらに20秒程加熱する

少し蒸らしましょう!

⑤ さらに10秒程加熱する

⑥ 余熱で蒸らして完成!

この状態だとおそらく半熟です。
もう10秒追加でしっかり固まります!

爆発させないために、
「レンジ→蒸らす→レンジ→蒸らす」
を繰り返すようにするのですね(´・∀・)ノ゚

最初にも書きましたが、あたため過ぎると
爆発しますので、十分注意してくださいね!


黄身が崩れても問題なければ、
最初につまようじで穴を開けると、
爆発しにくくなりますよ(*・∀-)☆


100均のもあるけどどうなの?



そういえばダイソーにも売ってましたね~。


レビューなんかを読んでみましたが、
上とやっていることは同じです(σ^▽^)σ

説明書には、1分30秒(500W)加熱とありますが、
なかなか上手くいかないようですね。

なので、こういう100均グッズを使ったとしても、
上の方法を試してみた方が良いと思います!

ラップを使うのが面倒だという人には
楽ちんで良いかもしれませんね(●´▽`)


ということで、
「目玉焼きをレンジで作る方法」
についての記事でした!

くれぐれも爆発卵は作らないでくださいね(●´Д`●)

それでは、今回はこのへんで。
ご訪問、ありがとうございましたぁ♪

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ゴーヤ 栄養 夏バテ
コメントは利用できません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。