紫蘭の育て方を解説!花言葉は…?

この記事は2分で読めます

この記事は311秒で読めます!

こんにちは~(●´∀`)ノ

今日も良い天気で気持ちが良いですね♪


さて、今日は花についての記事です!

花といえばこの間書いた八重桜の記事以来ですね。

(八重桜の記事はコチラからどうぞ♪)


で、今回は何の花かと言いますと、

石川さゆりさんの歌でも有名な紫蘭です!


深い紫色がキレイなこの花。

紫蘭を知らん(笑ってください)あなたのために、

育て方花言葉について簡単に説明いたします(●ゝ艸・)

スポンサードリンク


紫蘭ってどんな花?



難しく言いますと紫蘭は、

ラン科シラン属の宿根草の仲間です。


紫蘭というのは和名なんですねー。

そして、日本、中国、台湾などの地生ランです。


でも、野生の紫蘭はとてもめずらしく、

準絶滅危惧種にあたるそうです。


そんな紫蘭の特徴をざっくりまとめてみました!


・花期は5月~6月。まさに今ですね♪

・花の色は紫。鑑賞用には白やピンクのものもあります。

・花の大きさは30センチ~50センチ。

・結構丈夫な花。半日陰~日向までたくましく適応。


と、こんな感じです!

蘭といえば繊細でこ難しい印象ですが、

紫蘭なら比較的簡単に楽しむことが出来そうですね♪

紫蘭の育て方と気になる花言葉!


先に書いたように、紫蘭はたくましいので、

そこまで神経質になる必要はありません。

・用土・

腐葉土の入った有機質の土を選びましょう。

市販されているラン用の土で大丈夫です!

・水やり・

湿り気のある土壌が好きみたいですが、

乾燥にも耐えられる猛者ですヾ(*`∀´*)ゞ

なので、あまり深く考えずに、

土が乾いてきたらお水をあげる感じでオーケーです♪


ただし、冬の間は乾燥ぎみで。

なにせ、休眠してますから。


乾いて後、少したってからあげてくださいね。



スポンサードリンク




・肥料・

肥料は少なめにお願いします。

花が咲き終わったタイミングで、

株元に緩効性肥料、もしくは油かすをあげてください。


喜んで吸収するでしょうd(´∀`)

・植え替え・

一年に一回、一回り大きな植木鉢に植え替えましょう!

成長するにつれ鉢が小さくなります。

・株分け・

どんんどん成長するのは嬉しいんですが、

そのまま広がり過ぎるのも良くありません。

次第に弱ってくるからです。


なので、3~4年を目安に株分けしてあげましょう!

株分けの時期は10月~11月あたりが良いですね。

庭に植え分けるのもこの時期で大丈夫です!

・日当たり・

真夏以外は日当たりの良い場所に置いてあげてください。

あまりに暑くなると、葉っぱが焼けてしまうので、

梅雨が明ける頃には半日陰に移してあげると喜ぶと思います!


冬は土が凍らなければ大丈夫です。

土地によって違いますが、

心配なら室内に移してあげてもいいですね(o´・∀・)o


ちょっと長くなってしまいましたがこんなところです。

おわかりだと思いますが、そんなに大したことは書いていません。


あとはあなたの”愛”があれば完璧でしょう(*・∀-)☆



では、最後に紫蘭の花言葉でしめたいと思います(`・ω・´)ゞ

「あなたを忘れない」

「お互い忘れないように」

「変わらぬ愛」

そして、

「薄れゆく愛」


ど、どっちやねん∑((((((゚д゚;ノ)ノ

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。