本革と合皮の見分け方!あなたの革製品を簡単チェック!

この記事は2分で読めます

この記事は324秒で読めます!

これは本革?それとも合皮??

こんにちは~!
革製品大好きおちょこ丸です(●´∀`)ノ

さて、あなたは革製品お好きですか?
好きだからこの記事読んでくれてるのか(-∀-`; )

革製品って良いですよね~。
何といってもあの風合い!

長年使っていると独特の味が
にじみ出てくるからたまりません。

でも最近は、合皮のレベルも向上していて、
ぱっと見ただけでは簡単に合皮だと
わからないものもたくさんあります(・ω・`〃)


スポンサードリンク



そこで今回は、

「本革と合皮の簡単な見分け方」

について書いてみようと思います!

簡単なチェックポイントを
ご紹介しますね♪

本革かどうか心配な場合は、
一度チェックしてみましょう(´・∀・)ノ゚


本革と合皮の違いについて



本物と偽物です。

すみません、真面目に書きます。゚ヽ(゚´Д`)ノ゚。


それぞれの特徴を比べてみましょう!
上が長所で下が短所です。


◇本革の特徴◇

・ 手入れをすれば長持ちする
・ 使いこむと味がでてくる
・ 自分の手や足なじんでくる

・ 水に弱い
・ 色移りが心配
・ すぐ傷が付く
・ クリーニング代がかかる
・ カビゴンの餌食になる

◇合皮の特徴◇

・ あまり手入れしなくても大丈夫
・ 本革に比べて軽い
・ 色移りしにくい
・ 傷がつきにくい

・ 長年は使えない
・ 熱に弱い
・ 他の素材とひっつきやすい
・ 味が出ない
・ ものによってはチャチ過ぎる


まさに一長一短ですね!

アイテムによって使い分けた方が、
良いかもしれません(ノ*・ω・)ノ*


スポンサードリンク



見分け方のチェックポイントはこちら!



① 匂いを嗅いでみる

これは、基本中の基本です。
恥ずかしがらずに挑戦してみましょう!

合皮は無臭か、石油っぽい匂いがします。

② 軽く折り曲げたり伸ばしたりしてみる

合皮はただ伸びてるって感じです!
本革なら毛穴などが見えます。

③ しばらく持ったままにする

合皮の表面はコーティングされているので、
通気性がありません。

なので、しばらく持っていると、
ナイロン的な感じの汗ばみが出てきます。

④ 断面を見てみる

合皮は裏と表の二重構造になっています。

特に裏が布張りました!みたいなものは、
合皮の特徴と言えますね。

⑤ ちょこっとだけ傷をつけてみる

あまりおすすめはしませんが、
見分け方としてはわかりやすいです。

上の特徴に書いた通り、
本革は簡単に傷が付きます

本当に目立たないところで
試してみてくださいね!


注意点と補足を少し



以上のようなことを試してみて、
総合的に判断してみてください(*・∀-)☆

100パーセントわかる!
とまでは言い切れませんが、
かなり参考になるかと思います♪


ちなみに合皮の中には、

「バイキャストレザー」

というものがあります。


こやつはかなり精巧に作られていて、
革マニアでも見分けがつきにくいそうです。


どうしても、不安な場合は
専門知識を持っている人に聞いてみましょう!

革専門店の人に聞いてみるのもいいですね(((*´ε` *)


ということで、
本革の見分け方についての記事でした!

如何でしょうか?
見分けはつきましたか?


おちょこの財布も革財布です。

もうかなり使っているので、
くたくたになってきましたが、
このくたくたがたまりせん(●´Д`●)

これからも大事に使って
いきたいと思っています♪


それでは、今回はこのへんで。
ご訪問、ありがとうございました(〃ゝ∇・)ゞ

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. スイカ イラスト かわいい
コメントは利用できません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。